音楽家だって爪のオシャレがしたいんじゃ!

音楽やってるからネイルは諦めようなんてダメ!

音楽をやっている演奏家の女性のみなさん。あなたの爪は今どうなっていますか?爪を切りすぎて深爪になってしまっている人や、手入れとしては爪を切るだけにしてしまい、爪の表面の輝きなどはどうでしょうか。演奏家の道を選んだんだからネイルなんてものは言語道断!と決めている人も中にはいらっしゃるかと思います。しかし、美というものは中からも生まれますが、指先・足先からも表現することが出来ると思います。お客様の前に出て演奏をする人ならば尚更。音色の美しさだけではなく、見た目の美しさにもこだわる必要があるのではないでしょうか。

演奏する楽器によってはネイルも楽しめる!

演奏家が一概に全員ネイルを楽しめないなんてことはありません。楽器によっては自身の爪を利用して弾く楽器も多々ありますが、多くの場合は自分の爪を利用せずに演奏する楽器の方が多いのではないでしょうか。ハープやギターなどは自分の爪を利用することがあるので場合に合わせる必要があるかと思いますが、管楽器・木管楽器・鍵盤などはいかがでしょう。中には和楽器などだとお箏などもありますが、お箏もギターでいうピックの部類に当てはまる、爪を使用しますよね。では、音楽家に向いているおしゃれネイルはどのようなものがあるのか、ご紹介いたしましょう。

自爪を活かした清潔感を与えられるネイルを

ネイルといえば、ラメたっぷり飾りたっぷりのネイルや、長~い爪などを想像してしまいがちですが、中にはとてもシンプルなデザイン且つ爪を保護してくれるネイルがあるんです。基本は演奏・音色・技術の世界の方々が活躍する業界でお勧めなのは、爪を保護してくれる透明が基本となっているピンクなどです。例えば具体的な例をあげると、爪が鍵盤に当たる音は言語道断の鍵盤の方は爪の先自体がほとんどないので、ぜひ爪全体を保護してくれる成分のもので、薄い色、そして爪の根元側にほんの少しだけの細かいラメをあしらうのをお勧めいたします。大会などの勝負時はネイルなんてしてられない!という意見が多くあると思いますが、せっかくの自分のパフォーマンスを発揮出来る演奏の場などでは、少しだけいつもよりステージ映えするように、ほんのちょっとのネイルで視覚からの美を取り入れてみてはいかがでしょうか。

品川美容外科の起訴まとめサイト